記事リスト

庭をきれいに維持しよう

芝刈り機

業者がきれいに整えます

庭の美しさを保つためには芝刈りを定期的に行い、常時きれいに維持していくことが大切です。芝は一年中庭に生えていますが、春先から夏にかけて急激に成長し、芝の種類によって寒い冬場には黄色に枯れていきます。夏には芝が伸びるのと同時に雑草も伸びていくため、地中に水分が届きにくくなったり、風抜けが悪くなり、芝に負担が掛かります。芝刈りは常時2センチほどの丈を維持するとよいでしょう。芝刈り後に残った芝は、そのまま放置しておくと害虫の発生に繋がる場合があります。夏の乾燥しやすい時期だからこそ、芝刈り後に一手間かけて残った芝を取り除き、地中に養分が行き届くようにしましょう。熊手を利用すると比較的簡単に芝を集める事ができます。しかし、夏の暑い時期に広い庭の手入れをするには体に負担が掛かります。脱水状態や熱中症の恐れや、高齢者には長時間の作業を行うには無理が出てしまいます。庭の手入れを専門で行う庭師がいる業者へ依頼すると、芝刈りを効率よく行ってくれて、自分で行うよりきれいな庭に仕上がります。芝の地中に栄養が行き届いているか、害虫で芝が傷んでいないかなど、対応に困る点にも熟知しているので安心して依頼することができます。現状きれいな庭も、雑草や害虫の予防をしてもらうことでいい状態を維持できます。高麗芝は比較的害虫に強い芝ですが、事前に防虫剤対策をしたり、庭の隙間から生えていく雑草を除去する除草剤を散布してもらいましょう。

Copyright© 2018 バラの育て方を学んで実践しよう!【手をかけるほど成果が得られる】 All Rights Reserved.